ステンレスってなに?・SUSの意味

浦和商工からのプチ情報

SUSって何?
ステンレスとは英語表記でStainLessSteelと書き、
直訳するとStain=汚れ(サビ)Less=ない(にくい)
Steel=鉄となります。ステンレスは、鉄に様々な成分を添加した合金鋼なので、
一般的に言われる「磁石に付かない」や「錆びない」というのは必ずしも正しくなく、
成分や条件によって変わってきます。

系統  鋼種   成分 特徴 
オーステ
ナイト系
SUS
304 
 最も代表的なステンレス鋼
18Cr-8Ni
価格ランク:F
耐食性・機械的性質良好、
通常磁性は無いが冷間加工により
弱磁性を持つ事も。
溶接も可能。
加工による硬化をしやすい
という特徴を持ちます。 
SUS
XM7 
SUS304に銅を添加して
冷間加工性の
向上を図った鋼種
価格ランク:E 
柔らかい金属である銅を添加することで
冷間加工性を上げた鋼種になります。
18Cr-9Ni-3.5Cu 
 SUS
303
切削加工用のステンレス鋼
リン(P)硫黄(S)を
添加したもの
18Cr-8Ni-高S
価格ランク:D 
快削鋼。一般的にステンレスは固く、
熱膨張しやすく粘りも強い為に
切削には向いていません。
そこで切削性を向上させた
303が開発されました。
快削鋼の為溶接には不向きです。 
 SUS
316
(L)
SUS304のニッケル量を増やし
高耐食のモリブデンを
添加したもの
18Cr-12Ni-2Mo
価格ランク:C 
高耐食のステンレス鋼。
海沿いでの使用や
化学薬品用等に
使用される事が多いです。
316Lは、316から炭素量を減らし
冷間加工性を向上させている
L=Low Carbon の意味 
SUS
310S 
25Cr-20Ni
価格ランク:A
高温強度・高温での
耐酸化性が高い為、
耐熱鋼として使用される事が多い 
マルテン
サイト系
SUS
410 
 マルテンサイト系ステンレスの
代表格13Cr
価格ランク:H
熱処理による焼入れが可能です。
その為ドリルネジやタッピングネジに
使用される事が多い。
反面、耐食性は低く、磁性も強い 
 YUS
550
14Cr-2.4Ni-0.2C-2.3Mo-0.15N   硬さ、耐食性を兼ね備える
ステンレス鋼です
 ASL
516
13Cr-Ni-Mo   合金元素適正添加(適正比率)と
熱処理の技術により
SUS304並の耐食性と、
SUS410並の硬さの材料です
フェライト系   SUS
430
 フェライト系のステンレス
18%のクロムと約82%の
鉄が主成分
価格ランク:G
耐食性が304程度でないものの
そこそこにあり、
磁性があるというのが特徴です。
建築内装や業務用厨房、
水周りなどに使用される事が多い。
溶接性が良好 
析出硬化系   SUS
630
析出硬化
(熱処理によって元素・
化合物を析出させて
硬化させる)
価格ランク:B 
耐食性は304には劣るものの、
410・430等よりは良好で
硬度が高いのが特徴です 
 二相系 SUS
329J1 
25Cr-4.5Ni-2Mo  二相組織(オーステナイト・フェライト)
を持つステンレスで
耐酸性耐孔食性に優れ、
高い強度を持ちます。
耐海水性もあります 


どのようなお見積もりでもお気軽に弊社営業担当にお問い合わせ下さい
創業33年コンビニエンスの渇Y和商工
TEL:048-255-7225 FAX:048-255-7662

Copyright (c) urawasyoukou. All Rights Reserved.